20代と若いのになかなか目の下のクマが治らない…

20代なのになかなか目の下のクマが治らないという方に解消方法をご紹介します。

 

目の下のクマは見た目の印象を著しく損ないますし、実年齢以上に老けて見えるといった印象を与えやすくなってしまいます。その為20代というまだ肌の老化などが起きていない時から目の下のクマを作らないための対策を行うことは非常に重要で、対策を行うか否かで年齢を経た時にクマが目立つようになるかどうかにも影響してきます。

 

目の下のクマにも青クマ、黒クマ、茶クマといったように種類があり、それぞれに対策も異なるため正しい対策方法を知ることが重要です。

 

青クマ

これは血行不良により出来るクマですので、年齢に関係なくどの年代でもクマが出来る可能性が高い者となります。例えばパソコンを長時間使用するような目を酷使する場合には青クマが出来やすいため、血行不良にならないように目のケアや目の周りの筋肉のケア、マッサージによる血行促進を行う必要があります。

黒クマ

目の周りのたるみなどにより目の下に陰が出来ることでクマとなるため、肌のたるみが起きないように20代の頃から継続的にたるみ防止のためのエイジングケアを徹底することが黒クマを作らないための対策となります。目の下のたるみは肌が衰えることやコラーゲンなどが不足することで張りが失われるため起きてしまうため、コラーゲンを摂取することや肌の水分量を訂正に保ち張りを維持することが重要です。

茶クマ

シミやくすみ、外部刺激による色素沈着が原因となりますので、シミやくすみの原因となる日焼けによる紫外線を浴びないことや、擦ることでの色素沈着を起こさないことがもっとも重要な対策となります。特に日焼けしてすぐに黒くなりやすい人は紫外線の影響を受けやすい肌質ですし、その場合擦るといった外部刺激にも弱く色素沈着しやすい体質といえますので、UVカットできる化粧品の使用や、目の下に刺激を与えないように日頃から気を付けて生活することが必要です。特に花粉症などで目を擦る可能性がある人は、色素沈着しやすくなるので20代と言わず10代の頃からでも擦るのを控えるようにする必要があるでしょう。