『林修の今でしょ講座』でも紹介されたいた甘酒の効果って?

甘酒

 

目の下のくまは、不健康な印象を与える原因となります。くまには、いくつかのタイプがありますが、その中の一つが目の下が青っぽく見えるタイプのくまです。青っぽく見えるのは、血液が停滞することが原因と言われており、目の周辺は他の部位と比べると皮膚が薄いため、血管が透けて見えてしまいます。その結果、血液が停滞している状態がくまとなってあらわれてしまうわけです。

 

甘酒が効果的な理由

甘酒には、米麹から作られるものと酒粕を使用してものがあると言われています。くまの改善に効果があるのは、この両方を混ぜて作った甘酒です。両方の良いとこ取りをした甘酒がくま改善に効果的な理由は、解明されてはいませんが、継続して飲むことにより、くまが改善されるということは分かっているようです。

 

甘酒で改善された理由

甘酒を飲むことにより、くまが改善される理由として、血行が良くなることが考えられます。目の下が青っぽく見えるという場合に、甘酒を飲むことにより、血行が良くなり、血液の滞りが改善されます。目の下が青っぽく見えるのは、血液が停滞することですので、それを改善することにより、くまを薄くすることが出来ると考えられます。

 

なお、あくまでの甘酒で改善されるくまは、目の下が青っぽく見えるタイプのくまであり、メラニン色素や寝不足などの疲れが原因でくまが出来ているという場合には、効果が見られない可能性もあります。

 

効果については、飲んですぐにあらわれるということはありませんので、継続して飲むようにすることが大切になるでしょう。

 

まとめ

古くから多くの人に親しまれている甘酒ですが、近年はその健康・美容効果が見直されつつあります。米麹から作られたものであれば、アルコールは含まれていませんので、小さな子供でも安心して摂取することが出来ます。

 

目の下のくまを改善する製品はこれまでも多くありました。しかし、一時的にくまが薄くなったように思っても、同じような生活を続けていると、元の状態に戻ってしまう可能性があります。

 

甘酒は自宅でも簡単に作ることが出来ますので、必要な時に必要な分だけ作ることが出来ます。そのままの状態で飲むという方法もありますが、豆乳に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜて飲むという方法もあります。飽きないように工夫をするとより良いでしょう。