茶クマを解消するには

細かいしわの集合体や、目をこすることによっての色素沈着・角質がたまるなど様々な原因で起こる茶クマです。

 

いずれもメラニン色素が関わっていてこれを解消することで改善することができます。

 

茶クマの解消法は紫外線対策です。美白美容液を使用したり、ビタミンCを摂取することも大切です。また、アイメイクを落とすときは強く擦らないように注意しましょう。

茶クマを解消するためのお手入れ方法

この茶クマを解消するためのお手入れ方法として、通常の美白ケアと同じように行ってください。

 

肌の手入れが十分ではない状態で紫外線を浴び続けてしまうと、色素沈着・角質がたまる原因となって茶クマが残る場合があります。色素沈着・角質がたまる原因を取り除いて、体の内部に抗酸化成分を供給していくことが茶クマを予防するための基本となります。

 

紫外線に気をつけて

紫外線というのは夏場だけでなく、冬場であっても侮ることが出来ないものです。油断していると冬場でも紫外線で皮膚を傷めてしまうことがあるため、紫外線対策は年間を通じて続けていく必要があります。

 

普段の食事で野菜や果物が不足している場合には、抗酸化成分として重要なビタミンCも不足することになります。ビタミンCにはメラニンの色素沈着を抑制するという重要な役割があるため、美しい肌を維持するために欠かせない成分です。色素沈着・角質がたまるような皮膚の状態であっても、食生活を大幅に見直して野菜中心の献立を食卓に並べるようにすれば皮膚の健康状態を復活させることができます。

 

色素沈着を抑制するのはビタミンCだけでなく、ポリフェノールなども同様の効果があります。

 

お茶の渋味成分のカテキンにも優れた抗酸化作用がありますから、普段から紅茶や緑茶を飲んでいればメラニンの色素沈着を予防しやすくなります。味噌に含まれるメラノイジンという色素成分にも優れた抗酸化力があるため、味噌汁を朝に飲んでから外出をすると肌をケアすることができます。ブルーベリーや赤紫蘇などのアントシアニン系の色素を含む果物や野菜を食べることも、茶クマを予防するために役立ちます。

 

擦りすぎによる角質肥厚が原因でクマができているのであれば、ピーリングを行うことが効果的な方法です。その際に、かゆみや湿疹など何らかの肌のトラブルがあった場合にはピーリングをすることができなくなるため、皮膚科などに相談することをおすすめします。

 

※茶クマにやってはいけないこと
青クマとは異なり、マッサージをすることはNGです。さらに色素沈着が起こります。

 

目元のお悩みを根本から改善する話題の『アイキララ』