目のクマをうまく隠せる種類別のコンシーラーの色って?

 

目の下にクマができてしまうと、やつれて老けて見えてしまうものです。大切な1日の始まりにクマを見つけると憂鬱になってしまいますよね。

 

クマは睡眠不足や疲れがその原因と考えている人が多いのですが、実はクマの種類別で違う原因があるのです。

 

タイプ別解消方法

青クマ
これはまさに睡眠不足や疲れから出来てしまうもので、若い人でも経験があるのではないでしょうか。特に最近は、スマートフォンやPCによる目の酷使も大きな要因となっています。疲れや睡眠不足、ストレスは血行不良を招くもの。血流が悪くなると血中の酸素が減少し、血液が黒くなるために青く見えてしまうのです。

 

青クマの対策としては
目の下の皮膚はとても薄くデリケートなので、温かい蒸しタオルや市販のアイマスク等で目を休ませ、血行を促しましょう。
たっぷり睡眠をとることも熊野解消に繋がります。

 

対処法:青クマはオレンジ系の明るいコンシーラーを使用すると隠しやすいですよ。

 

茶クマ

紫外線や摩擦による刺激で出来てしまったものです。青クマは皮膚を引っ張ると薄くなりますが、茶クマは引っ張っても薄くなりません。これは茶クマが色素沈着してしまっていることを表わしています。
皮膚は紫外線を浴びたり、メイクを落とす際にゴシゴシ摩擦を加える等の刺激を受けると、皮膚を保護しようとしてメラニン色素が生成されてしまいます。それによって色素沈着が起きてしまうのです。

 

茶クマの対策としては

日焼けを避けること、入念に保湿をし、その際にビタミンC導入剤等の美白効果のある物を使うこと等が挙げられます。根気良く美白対策をしましょう。

 

対処法:茶クマにはイエロー系のコンシーラーが有効です。

 

黒クマ

主に老化によっておこるものです。
加齢により皮膚がたるむことによって、また目の下の脂肪が落ちることによる窪み等が原因となります。青クマとの見分け方は上向きに引っ張ると薄くなりますが、影なのでコンシーラーで隠しきれない点です。

 

黒クマの対策としては

アンチエイジングの化粧品を使用する、表情筋を意識して鍛えることでしょうか。日々のお手入れ次第で、その差はかなり違ってくるものです。

 

対処法:黒クマにはパール入りの華やかなコンシーラータイプがおススメです。

いずれにしても、目のクマはコンシーラーで隠せるものの根本的な解決方法になりません。コンシーラーに頼らず根本的に直すことが重要です。

 

目のクマに悩んている方が使っているアイクリームはこれ!詳細はコチラ