美容外科で目の下クマを解消する治療方法

 

目の下のクマはマッサージなどでも多少の改善は期待できますが、ずっと目の下のクマがある状態を放置していて、そのまま定着してしまうことがあります。

 

赤クマ、青クマ、茶クマ、黒クマに分類されていてそれぞれ原因も違い、くまのタイプによって治療方法は異なってきます。なので大まかな治療方法をご紹介します。

タイプ別目の下のクマの治療方法

赤クマ

目周りの血行が悪くなっている人、皮膚が薄くて赤みが目立つ人も多いです。余分な脂肪を取り除くと同時に足りない部分に脂肪を注入して目元をふっくらさせてクマも解消させるという方法が行われます。

青クマ

血行不良が原因のクマ。レーザー照射などによって毛細血管の減量や皮下組織の血流を改善する治療を行っています。

黒《影》クマ

たるみによって影ができてしまったという状態です。ヒアルロン酸を注入したり脂肪を取り除くなどしてクマを解消させます。

茶クマ

色素沈着してしまっている状態です。レーザーによって解消できるクマと言われていますので、他の脂肪を取り除く治療などに比べると受けやすい治療です。

目の下が暗いと顔全体が暗く見えたり、疲れているように見えたり、老けて見えてしまいます。そのようなことにならないためにもクマを解消させる施術を受けるのはメリットが多いと言えます。

 

いきなり施術が心配という人はクリニックの無料相談を受けてしっかり相談してみると良いでしょう。

 

クマの施術を実際に受けた人の写真なども見てみるとどれくらい改善できるのか具体的に分かりますのでおすすめです。価格はクリニックにより異なりますのでよく調べてください。

 

目のクマに悩んている方が使っているアイクリームはこれ!詳細はコチラ