目のクマがひどいと危ない?

 

日常生活の中で自分の表情などを見てすっきりとしないこともあるでしょう。場合にもよるのですが、寝不足であったりするとぼんやりとした顔つきになってしまったり、血色が悪くなってしまったり、体調がすぐれないということもあるでしょう。

 

理由がはっきりとしている時では、それを解消できれば問題が解決するものですが、そうでない場合には重大な病気になっている可能性もあるのです。

 

人間の表情を見ている時に目につく部分として目の下のクマを挙げることができるでしょう。寝不足程度であればいいのですが、そういった覚えもない場合には重大な病気の可能性を疑うようにしてみましょう。

 

クマが酷い場合に考えられる症状

鉄欠乏性貧血があります。妊娠や出産などの機能を持つ女性に起こりやすいものですが、鉄分の不足によっておこるものです。

 

貧血というのは、血液の赤血球にあるヘモグロビンが減少すると起こるものです。そのヘモグロビンの成分になるのが鉄分になります。鉄欠乏性貧血というのは鉄分が不足することによって起こる貧血なのです。貧血で血行が悪くなると還元ヘモグロビンが停滞してしまうので、青クマとして目の下に現れるのです。

 

改善するためには鉄分を食事から摂取するようにするといいでしょう。場合によっては服薬治療をしていくようにします。

 

次に、有名人などでもかかっていることで知られるようになったバセドウ病も考えられます。この病気は、喉の甲状腺で作られるホルモンが過剰に分泌されて起こる病気になります。主に眼球の突出といった症状が起こります。これは目の周りにある脂肪や筋肉が炎症を起こしてしまって腫れた状態になってしまい、目の中の圧力が高まることによっておこるものです。その際に眼球の下の脂肪も出てきて、黒クマのような状態になることもあるのです。

 

バセドウ病の場合には、医療機関を受診するようにしましょう。

 

そのほかにも病気や体調のサインとして、肝機能や腎機能の低下によって目の下にクマができることもありますし、お酒や甘いもののとりすぎや過労などによる場合もあります。

 

このように、目の下のクマというのは、時に病気や体調のサインとして表に現れることもありますので、普段から気をつけながら生活をしていきたいものです。ちょっとした知識を持つことによって自分の体調管理ができるようになることでしょう。大きな病気になる前に対処できるようにしていきたいものです。

 

目のクマに悩んている方が使っているアイクリームはこれ!詳細はコチラ