ヒルイドで解消することができるの?

ヒルドイド

 

美容に関心がある女子にとって気になるのが「ヒロドイド」。保湿がいいヒルイドは安全が高い成分で、副作用少ないと言われて多くの方が使用されていますね。では、目の下のクマにはどうなのかちょっと調べてみました。

 

ヒルドイドの効果って?

ヒロドイドを目の下のクマになると、クマを解消する効果が期待できます。ヒルドイドは保険適用の医薬品であるため、化粧品や医薬部外品のクリームよりも優れた効果が得られます。ただし、クマを解消する効果には個人差があり、1日で効果を実感できる人や、効果を実感できるまでに時間がかかる場合があるみたいですね。

 

ヒルドイドが目の下のクマをケアできる理由は、末梢血管拡張作用があり、血液の流れが良くなって皮膚の再生を促すことができるためです。クマができている皮膚が新しく再生されることにより、目の下のクマを解消へと導いてくれるそうです。

 

ヒロドイドは強力な保湿作用があり、皮膚の乾燥が原因の目の下のクマをケアすることができ、乾燥肌の方のスキンケアにも最適で、皮膚に潤いを与えることによって、肌の乾燥が原因の肌トラブルを改善してくれます。
目の下のクマのケアだけでなく、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットラインのケアにも最適で、年齢肌をケアしてくれます。目尻の小じわなどの薄いシワには特に効果を発揮してくれるみたいですね。

 

副作用は?

副作用が少ないと言っても多少なりとはあるので注意が必要で、皮膚炎や皮膚のかゆみ、発疹などがあります。いずれの症状も局所的なもので、顔全体に副作用が出ることはありません。クリームの副作用発生率は0.93%と非常に低く、ソフト軟膏とローションの副作用発生率は0%ですので、副作用のリスクは非常に低いです。副作用が出た場合でも重症化することはほとんどなく、使用を中止すると自然治癒します。

 

使用上の注意点

ヒルドイドには血栓を溶かす作用があるため、出血した時に血が止まりにくくなります。よって、血友病や血小板減少症、紫斑病の患者様は使用が禁止されています。また、体質的に血が止まりにくい方は、医師と相談してから使用するようにします。

 

ヒルドイドの用法用量

通常の場合、1日に1回から数回にわたって目の下のクマなどの患部に塗ります。塗りすぎは厳禁で、用法用量をしっかりと守って使用することが必要です。使用期限はクリームと軟膏は3年6カ月で、ローションは3年になっており、使用期限内に使い切るようにします。

 

以上のように目のクマにもある程度の効果があるようですので、副作用や使用するときには正しい方法をすることで改善・解消をすることも可能ではないでしょうか。しっかしとお医者さんに処方してもらって使うことが一番安全かもしれませんね。