目の下のクマは、遺伝することがあるの?

目の下のクマで困っているという方で、なかなかクマが治らない、治ってもすぐに目の下にクマができてしまうという方は、一度は遺伝を疑ったことがあるのではないでしょうか?

 

目の下のクマは、遺伝するのか気になりませんか?そこでいろいろと調べてみました。

 

結論から言うと目の下のクマは遺伝することがあるみたいですね。

 

その理由は、クマが出来る根本的な要因に目の大きさや形、皮膚の薄さなどが深く関わっているみたいです。目の大きさや形が遺伝するということは広く知られていて、皮膚なども人種によっても色が違うのと同じで、色素というのも遺伝するのです。

 

なので目のクマになりやすい遺伝子を持つ親と骨格や肌が似るということは、必然的に目のクマも出来やすいということになっているそうです。

 

特に家族全員が目のクマに悩まされている場合には、同じ食事を食べていることが原因という場合もあります。それは家族全員が目のクマ解消に必要な栄養素が補給出来ていない可能性もあるからみたいですね。

 

遺伝で生まれつきできやすいという場合もありますし、食生活、環境などで目の下のクマができやすくなるということも考えられるということでした。

目のクマいいツボを教えます♪

眼精疲労に効果を発揮するツボをご紹介したいと思います。

 

目のクマに効くツボは2つ

睛明≪せいめい≫というツボ

メガネの鼻当てが当たる位置辺りにあり、ここを両手の人差し指の腹で、痛くない程度まで押さえます。

瞳子膠≪どうりしょう≫というツボ

目尻のそばにある僅かなくぼみの部分です。同じようにこの部分を両手人差し指の腹で押さえましょう。

 

それぞれツボを押す時間は約5秒ほどで、数回に分けて行いましょう。

 

目のクマは出来ると目立ってしまいますし、気になってしまいますよね。ツボを押して日ごろから目の周りのマッサージを行うことで改善することもできますよ。ぜひ空いている時間に試してみたはいかがですか。

 

目のクマに悩んている方が使っているアイクリームはこれ!詳細はコチラ