30代、40代になる目の下のクマの原因とは

ここでは、30代・40代に多い目の下のクマの原因をご紹介しています。30歳や40歳で目のクマに悩みを持っている方は方はぜひ読んでください!

 

30代、40代で目の下のクマで悩んでいる方の多くは、黒クマが多いと言われています。

 

この黒クマの原因はというと、これは加齢による皮膚のたるみや、小じわが原因と言われることが多いです。大雑把に言うと、加齢によって肌年齢が下がり、それによって出てくる諸症状がクマに見えるということです。加齢によって老化するのは目の周りの毛細血管です。毛細血管の機能が低下すると、まず栄養や酸素が運ばれなくなります。そして肌のハリやシワが多くなり、そのシワが集まり黒いクマに見えるのです。チリメンジワとか小じわとか言われるものです。

 

また毛細血管が損傷してくることで、そこから必要以上に血液が溜まってしまい、それが膨らんで目の下のたるみを作り、それらが影となって黒く見えるという状態も考えられます。あるいは眼の周りの筋肉が単純に加齢によってたるみ、そのせいで目の下部分にくぼみを作り、それが影として見える場合もあります。

 

この30代、40代ならではの黒いクマを取り除くためには、顔の肌のハリや艶を取り戻せばよいということです。簡単に言うと、目のクマ専用のクリームなどを使って、ヒアルロン酸やコラーゲンを摂り、スキンケアを行い保湿を保つこと、また顔の筋肉を鍛えるなどのお金と努力が必要となってきます。

 

目のクマに悩んている方が使っているアイクリームはこれ!詳細はコチラ


目のクマの種類

目のクマが青色に見えるクマです。これは血行不良からおこるもので、目の周囲の毛細血管が透けている状態がクマに見えるのです。血行不良の原因は、冷え性が第一にあげられますが、睡眠不足やストレス・目の疲れなども原因にあげられます。

 

次にクマが茶色っぽいものです。これは色素の沈着が要因であり、太陽の紫外線によるものや、藻の周りを強くこすりすぎたりすると、できやすくなります。

 

そして最後に黒いクマです。これがタイトルにも挙げた30代、40代ならではのクマと言えるものです。とはいえ、先に述べた青いクマも茶色いクマも年齢を重ねるごとに、肌が元に戻る力が衰えてきてクマが消えにくいという状況にはなります。
目の下にクマが出来るというと、仕事や勉強で睡眠がとれない時や、疲れがたまっている時を思い出す方も多いと思いますが、目のクマにも種類があることを御存じでしょうか。目のクマには大きく分けて3種類あります。

 

目のクマに悩んている方が使っているアイクリームはこれ!詳細はコチラ