レーザー治療はどんな目のクマに効果的?

 

目の下にクマができる事により、疲れて見えたり、年齢より老けて見えるので、悩んでいる人も多いです。

 

クマのできる原因も複数あり、その原因に応じて有効的な治療法は違います。

 

目のクマには、血行不良による青グマと、脂肪のたるみによる赤グマと、老化による目の下のくぼみによる黒グマと、色素沈着による茶グマなどがあります。

 

青グマの場合は血行を上げるための蒸しタオルが有効で、赤グマはヒアルロン注射により肌のたるみを改善させることが有効で、黒グマは外科的な手術を用います。

 

レーザー治療法が有効なクマは、アザや、シミ、そばかすなどのメラニン色素の沈着や肌のくすみが原因である茶クマに対して特に有効的です。また、皮膚の凹凸によってできる厄介な黒クマに対しても、レーザー治療を用いて、外科手術範囲を減らせます。

目のクマのレーザー治療のメリット・デメリット

タトゥーやホクロを除去に用いられる医療用レーザーを用いて行います。

 

レーザー治療のメリット

メスなどで切る切除手術と違って、手術中の出血を起こさない事です。出血が少ないために、入院の必要性がなく日帰りでの治療ができ、施術時間も約1時間程度とかなり短時間でおこなうことができます。治療した後からは、普段生活はできますし、ダウンタイムと呼ばれる施術してから腫れなどが回復するまでの期間も1週間程度なので、体には負担なくおこなうことができます。

 

レーザー治療に伴う痛みが外科手術と違いほとんどないですし、効果もすぐに実感することができます。

 

レーザー治療のデメリット

レーザー照射範囲をどんなにコントロールしても、照射した箇所の周りが火傷により赤くなったり、水膨れなどの軽い火傷の症状が出る場合があります。レーザー照射による火傷を軽減するために、一度のレーザー照射ではクマが取りきれずに、複数回の照射が必要な場合もあります。

 

保険が適応されないために約10万円程度と高額で、これが最大のデメリットなのではないでしょうか。

 

目のクマに悩んている方が使っているアイクリームはこれ!詳細はコチラ