どうして慢性的に目のクマができるの?

顔の印象をガラリと変えてしまうクマ。慢性化していてお悩みの方も多いのではないでしょうか。では、そもそもクマの原因とは一体何なのでしょうか。最初にイメージするものは睡眠不足であったり、疲労ですよね。しかし、他にもクマの原因は沢山あるのです。

 

血行不良によるもの

ここに分類されるものは、目の疲れ、全身の疲労、睡眠不足、ストレス、低体温などです。目の下の皮膚は非常に薄く、原因で血行が悪くなると、停滞した血液が透けて見えてしまうのです。

 

低体温によるクマは、特に生理中に基礎体温が下がりやすい女性が悩むことの多いクマです。

 

これらの原因によるクマへの対処法は、血行を良くすることです。ホットアイマスクで目の周辺を温める、マッサージや運動をするなどが効果的です。

 

病気のサイン

糖尿病、肝臓・腎臓の疾患、甲状腺の異常などが、慢性的なクマの原因になっていることも考えられます。
もし、あなたがクマに悩んでおられるのなら、一度お医者さんに診てもらった方が良いかもしれません。ただの疲労だろうと放っておいたクマが、実は重い病気のサインだった、という事例は実際にあるのです。

 

紫外線によるもの

目の下の皮膚が非常に薄くできているということは、先ほどご説明させていただきました。皮膚が薄いということは、紫外線の影響を受けやすいということでもあります。
紫外線がシミの原因になるということはよく知られていますが、同じ原理でクマの原因にもなってしまうのです。

 

加齢によるもの

加齢は、肌の中のコラーゲン、ヒアルロン酸、脂肪を減少させます。その結果、ただでさえ薄い目の下の皮膚がさらに薄くなり、血管が透けて見えるようになります。これが、加齢によるクマの原因です。
スキンケアに気を遣い、食生活を見直すことで改善に取り組みましょう。

 

以上、慢性的なクマの原因「血行不良」「病気」「紫外線」「加齢」の4つをご紹介しました。

 

自分で解決できるクマもあれば、お医者さんに診てもらうべきクマもあります。万が一のことを考えると、慢性的なクマにお悩みの方は一度、お医者さんに診てもらうのが良いでしょう。