正しい対処で目のクマは解消できる?

鏡を見て目のクマが気になった時、どのような対処をしているでしょうか。

 

単なる血行不良が原因だと考えて、自分なりに改善を試みてもたいした効果を得られなかったという経験をしたことがある方は多いと思います。

 

実は目のクマができる原因は血行不良だけではなく、その他にも目の下にクマができるのには様々な原因があり、大きく3つに分けられます。目の下がクマが気になっているあなたのクマはどの原因に当てはまりますか?

 

症状別で対処方法が異なります。ぜひ参考にしてくださいね。

 

これで解消できる?目の下がクマになる3つの原因

それぞれの対処方法とともに一つずつ以下で説明します。

血行不良

目の下は顔の他の部分と比べて皮膚が薄いため、その下にある毛細血管の血流が滞って黒ずんだ血が溜まってしまうと、皮膚の色が黒ずんで見えてしまいます。血流が滞る主な原因は、寝不足、疲労、体調不良、ストレス、ドライアイ、眼精疲労です。
対処方法
生活を改善するほか、目元のマッサージをする、温かい飲み物を飲んで血流を良くする、といったことが挙げられます。

たるみ

主に加齢によって目元がたるんだ場合に、それが影となって目の下が暗く見えているのです。その上、むくみがあればよりクマが濃く見えてしまいます。
対処方法
表情筋を鍛えることです。肌のたるみは加齢による顔の筋肉の衰えから起こります。目の周りに重点を置いて筋肉を鍛えてたるみを改善することが、このクマの改善法となります。

色素沈着

色素沈着が起こる原因は、過度な摩擦、メイクによる刺激、メイクの落とし残し、紫外線といったもので、この場合のクマはいわゆるシミと同じようなものです。
対処方法
ピーリング(古い角質の除去)を行う、UVケアを行う、メラニン色素の生成を抑制するビタミンCを摂取する、といったことが挙げられます。

 

自分の目のクマがどれに当たるのかを判断して正しい対処方法を試してみてくださいね。

 

でも、そんな原因が分かっても解消するには、どんなものと使っていいのってなりますよね。根本的に解決したいのであれば試しにアイクリームを使ってみるのも良い手なのではないかと思いますよ。