こんなことでも目の下にクマができる原因

実は目の下にクマができるのは、寝不足だけではありません。どういう生活をしていると目の下にクマができやすいか、いくつかあげたいと思います。

 

生活習慣でできる目の下のクマ

就寝前に炭水化物や甘いものを食べる

夜になり眠る前に、炭水化物や甘いものをたくさん摂ってしまった場合、クマができやすくなってしまったり、悪化をしてしまったりしてしまいます。炭水化物や甘いものを摂り過ぎてしまう事は、美容にも悪影響を及ぼしてしまうのですけど、やはり深夜にとってしまうことは、特にクマを濃くしてしまったり、また肌のくすみを進行していってしまいます。

冷たいものを飲む

冷たい飲み物をたくさん飲んでしまっても、体が冷えてしまい目の下の部分にクマができやすくなってしまいます。さらに冷たい飲み物をたくさん飲んでしまうと、胃腸の動きを鈍くさせてしまうため、血行の働きを悪くしてしまい、顔色を悪くしてしまったりしてしまいます。

目をこする

目をこすってしまってもよくありません。目の辺りの皮膚はすごく薄く、デリケートにできています。皮膚をこすってしまった摩擦により、炎症を起こしてしまい、その皮膚を守るためにメラニンが出ます。目をこすることを長く続けてしまうと、たくさん出すぎてしまったメラニンが、皮膚のほうについてしまい、目の下のクマの原因となっていしまいます。

メイクを落とすときに力を入れる

目のメイクを落とすときも注意をしたほうが良いでしょう。メイクを落とすときに力強くやってしまっては、目をこすってしまう場合と同じように、目の皮膚に負荷がかかってしまいクマができてしまったりします。ですが、メイクを落としきれずに残ってしまっている場合でも、皮膚に負荷がかかってしまい、さらにメイクによる色素が残ってしまい、クマができやすくなってしまいます。メイクを落とす場合は、汚れがしっかりと浮き出してくるのを待ち、優しい感じで洗い流すと良いでしょう。

タバコを吸う

タバコもよくありません。タバコをすうことによって摂取をしてしまったニコチンにより、毛細血管を縮めてしまい、血行が悪くなります。そうしますと、肌の状態が悪くなり、顔色までも悪くしてしまい、クマが濃くなってしまいます。

 

このように、何気ない日常生活での目の下にクマができる原因があります。なかなか治らないという方はこれらのことを気をつけるだけでも改善してくるのではないでしょうか。