20代でやっておきたい!目の下クマのタイプ別予防方法

ここでは、20代からしておきたい目のクマ予防方法をご紹介します。

 

顔の印象というのは細かい点でも違って見えるものであり、特に目元などはちゃんと健康にしておくと顔が全体的に明るく見えるものになります。しかしそこで気になるのが目元でのクマとなります。一般的なクマには三種類があって、血行不良が原因の青クマ・皮膚のたるみから来る黒くま・色素沈着などが原因の茶クマがあります。恐らくですが20代という若い時代ならば基本的には血行不良などから来る青クマやが主なものでしょうが、一応ですが全般的なクマや対策について説明していきたいと思います。

 

青クマの予防法

生活習慣やストレスなどが原因となり起こったりするのですが、その他にも目元の皮膚が薄い人にも起こりやすいために10代からでもなりやすいのが特徴です。この青クマは原因が血行不良ということなので対策としては血行促進を促すマッサージなどをすることや、原因である生活習慣の改善などをすることが大切となります。またこの青クマに対してはコラーゲンも効果的とされていたり、あるいは血液をサラサラにする葉酸やヘモグロビンを増加させる鉄分などを摂取するのがいいとされています。

黒クマの予防法

こちらは肌のたるみということで加齢から来るものが多いです。ですがたとえ20代の健康的な肌とは言っても、やはり将来的なことを考えるとケアをしておくのがいいですね。この黒くまは加齢が原因ということなのでコラーゲンがとても効果を出してくれます。またツボ押しなどや表情筋を鍛える体操などでたるみを改善するのも効果的とされています。

茶クマの予防法

こちらの原因はおもに色素沈着で美白対策が基本となってきます。原因としてはメイク時や洗顔で強くこすってしまったり、あるいは乾燥などによる肌のダメージやターンオーバーの減少などがあるので、まずは自分にあった化粧品と適切な使い方を見直すのがいいでしょう。UVケアやビタミンC誘導体などが入っている化粧品もおすすめです。

 

このように目のクマには種類がありますが、どれも20代の若い肌ならきちんとケアをすることで治しやすいものなので、ぜひやってみるのがいいですね。